デリケートゾーンの脱毛したくなる時って、どんな時?

デリケートゾーンの脱毛エピソード@サロンに通いたくなる時

温泉で剛毛な人を見て

同性のデリケートゾーンなんて気にしたこともなかったのですが、女3人でスーパー銭湯に行ったとき
友達の一人が小さい鶴瓶と友達が呟いたのですが、その時はなんのことかわからずに、流していました。

デリケートゾーンのムダ毛

寝転ぶお風呂に入っていた女性をふと見ると、デリケートゾーンの毛量が多い女性が目をつぶって寝転がっていたのをみて、友人が「デリケートゾーンどうやって処理してる?」と言ってきました。

私も人よりは毛深いほうなので、「足や脇はきちんと処理してるもののデリケートゾーンは特になにもしてない」
と言うと、衛生的にも全部ないほうが清潔らしいよと言い出したのです。

「剛毛も恥ずかしいけれど、全部ないほうがよっぽと恥ずかしいよ!!」と言うと、友人は「ティーバックを綺麗に履きたいから狭い範囲は残すけど、お尻とゾーンは脱毛しようと思ってる」と言い出しました。

美意識というのはそこまで徹底的にしないとだめなんだなと私も意識するようになりました。

脱毛は脇と膝下通っていたので毛の量を減らすためにもコースを組もうかとおもいましたが、セックスアンドザシイティーでブラジリアンワックスというものを知り、試しに行ってきました。
他人にデリケートゾーンを見せるのは勇気がいりました。

脱毛より痛みは感じましたが、ワックス脱毛後のお肌は黒ずみも消え、つるつるすべすべ。
その感触に病み付きになり、その後定期的にブラジリアンワックスに通うようになりました。

「もずく」と言われショック!

私と彼はプールに行くのが大好き。

水着の端からムダ毛が飛び出た

私は、ダイエットのため、彼は綺麗な体を作りたいと二人でせっせと市民プールに通うのが日課になっています。

その日も、二人で水中メガネをピッチリとつけて300m、500mと距離を延ばししていきます。少し疲れてプールのスタート地点の壁に寄りかかりながら彼の泳いでくる姿をぼーっと見ていたんです。

彼は、向こう側から私の方に向かって泳いでくる形で・・格好いいなー上手に泳ぐななんてちょっとだけぽーっと見とれていたんです。彼は、私の前まで泳ぎ切り、ザバッっと立ち上がっておもむろに私に言いました。

「あのね、水着のね、パンツのねわきから もずくが生えてる」

それだけ言うと、またクルリと向きを変え反対側へ泳いでいきました。あたしは、恐る恐る自分の Vラインを手でなでてみると、チョロッ チョロチョロって あたしの恥ずかしい毛が恥ずかしい毛なのに、恥ずかしげもなくはみ出ているんです!!
半泣きです。

プールに行くんですものね、気をつけていればよかったと言われればそれまでなんですけど、普段履いている、パンツからは、はみ出していなかったので、すっかり安心しきっていました。水着ってすこしハイレグっぽいですもんね・・・・・!

わたしは、もう恥ずかしさに耐え切れなくなり、その日はそそくさとプールからあがりました。Vラインの足の付け根くらいに生えてるチョロ毛って見落としがちです。

みなさんもきをつけてくださいね!!!

夜のお仕事を始めた時に・・・

20代の頃、昼は会社員をしながら、夜は、クラブのホステスをしていたことがあります。

当時はお店の貸衣装でした。お店では、Tバックの下着を身につけるよう、必ずルールで決まっておりまして、普通のクラブだけど、やはり、ドレスに下着のラインが出るとみっともないからということで、決まりになっていたのです。

でも、見えないとはいえ、ぼさぼさに生やしたままでTバックというのは自分でもとても嫌だったので、毎日お手入れをしていました。毎日のTバックのためのビキニラインのお手入れは本当に大変でした。

毎日ビキニラインの処理は大変

剃るとかゆくて座ってられないし、毎日チェックをしないと汚くなってくるし、あっちを毛抜きでぬけば、こっちが生えてきて、毎日1時間はデリケートゾーンのむだ毛との戦いでした。お店の女の子たちは、休日などにエステや皮膚科に通って、永久脱毛をしている子もいました。

何度か通っているうちに
本当に生えなくなってくるというので、私も憧れました。

「もし、生えてきても、うっすらとしか生えないのよ」というのです。
こんなに楽ならもっと早くに済ませておけばよかったと言う子がほとんどでした。

特にお尻の穴の周りなどは、自分で手入れも難しく、女性だってお尻の穴の周りにも多少は毛は生えているので、とても毎日毛抜きで抜くなんて無理にひとしいところでした。

私もせめてもそこだけはやっておこうと思い、決心したのですが
結局、昼の会社勤めが忙しくなってしまいました。

出張なども行かされるようになり、夜のお仕事は続行できなくなりやめてしまったので、結局それっきりなのですが、未だに、デリケートゾーンの脱毛は憧れています。

出産直前の一言が忘れられません

私がデリケートゾーンのムダ毛を気にするようになった瞬間は
まさにもうすぐ子供を出産するという時のことです。

以前からワキや顔など見える部分のムダ毛は気になり、それなりに処理をしていたのですが、水着を着るときにVラインを少し処理するくらいで、正直言ってデリケートゾーンのムダ気に関してはあまり気にしていませんでした。

妊娠が分かって産婦人科に通うようになっても特別ムダ毛の処理をすることなく、普通に検診に通っていたのです。そして、とうとう陣痛が始まり産院へ行き、いざ出産の準備段階に入ったとき、対応してくれた助産婦さんの言葉が私のデリケートゾーンのムダ毛に対する意識を覚醒させたのです。

その言葉というのが・・・
「結構毛深いですね。出産の時邪魔になりそうだから少し処理しますね!」というものだったのです。

陣痛に苦しみながらもその時私はなんとも言えない恥ずかしさを感じたのを覚えています。
自分の毛の濃さも知らず今まで10か月間、先生に検診でこの濃いデリケートゾーンを見せていたのかと思うと、なんだかなさけなくなりました。

そんなことがありながら、無事出産を終え育児に余裕が出てきた今、とうとう私はデリケートゾーンの脱毛を始めたのです。もう出産の予定もなく誰に見せるわけでもないはずなのに、異様にあの時の助産婦さんの言葉が忘れられず、数年越しの念願だった脱毛を体験しているのです。

Vラインは格好よく、そしてIラインに関しては全てきれいにしてしまいたいと思っているところです。

あれ以来、旅行先の温泉やプールなどでなんとなく他の人のデリケートゾーンが気になるようになりました。今まで自分が他の人からどんな風に見られていたのかなぁと気になる今日この頃です。

脱毛 Iライン 形